紫外線対策は毎日のお肌の手入れから > 紫外線 予防 > 紫外線の悪影響から目を守る為に、サングラスを掛けましょう

紫外線 予防

紫外線の悪影響から目を守る為に、サングラスを掛けましょう

日差しが強くなると必需品とも言うのがサングラス
自動車を運手する時はもちろんですが、普段外出する時などオシャレな感覚としても使いたくなり、肌身離せずに掛けておきたくなるのがサングラス。

特に、海岸に出かけるときなどは、海からの紫外線の照り貸しを防ぐにも必要ですし、冬場においても、スキーに出かけるときなどは雪の紫外線の照り返しにサングラスは必需品ですね。

街を歩いていると気付くのですが、特に紫外線が強くなる春先から夏場にかけて、街角への外出するときにサングラスをかける方を多く見かけるようになります。

また、私もそうですが、自動車の運転をする方は、必ずといっていいほど、サングラスを持っていて、西日など日差しが目に入る時は掛けるようにしています。

自動車の運転の場合、日差しが眩しいからサングラスをかけるという方がほとんどだと思いますが、サングラスをかけることにより、目に入ってくる紫外線を少なくするなど、サングラスが私たちの健康に役立っているということをご存知でしょうか?
もちろん、サングラスがUVカットになっていることが条件ではありますが、、、

ところで、紫外線が原因で引き起こされる眼病をいくつか上げてみますと、角膜炎(雪目・日焼け目)と白内障があります。

目の病気の中で、この2つは紫外線が原因であることが分かっているので、単に日差しよけにサングラスが必要であるとばかりではないのです。

角膜炎については、サングラスをすることなく炎天下で長時間紫外線を目に受けていたり、スキーに行って、サングラスやゴーグルをすることなく長時間滑ったりして、雪からの照り返しの紫外線を目に受けていると起こるものです。

角膜円の症状としては、紫外線によって角膜が炎症を起こし、目が痛くて涙が止まらなくなるなど、大変つらいものがあります。

一方、白内障は紫外線が目の中に蓄積することで水晶体を徐々に徐々に損傷させていく病気なので、気が付かないうちになる病気として非常に怖いものがあります。

白内障の怖い所は、紫外線の悪影響による水晶体が少しずつ白く濁りはじめ、放っておくと失明してしまうところでもあります。

ただ、これらの病気は、目が健康なうちからUVカットの効果のあるサングラスをすることなどの紫外線対策をしていれば、十分に予防ができるものなのです。

近年、世界的な問題となっている環境破壊のなかには、CO2の増加ばかりでなく、オゾン層の破壊も話題に上っていることはご存知かと思います。

地球表面にあって保護膜の役割をしているオゾン層の働きが弱くなってしまった為に、一昔前よりも、多くの紫外線が地球上に届いていて、更に地球温暖化の原因にもなっています。
例えば、北極の氷の氷解の原因の一つに、オゾン層の破壊が原因となっていると言われています。

また、ある一説によれば、目から紫外線が人体に入ると、お肌のトラブルが起きることがあるそうです。

角膜炎や白内障を予防することはもちろんですが、美肌維持のためにも、紫外線はサングラスでしっかりとシャットアウトしたいものですね。

紫外線の悪影響がいろいろと分かってきますと、ファッションとしてのサングラスというよりは、健康の為にサングラスを掛けることが大切なことだと思えますね。
ファッションにおけるところのサングラスの色の濃さや、デザインもさることながら、UVカット機能がしっかりとしているサングラスを掛けることで、健康と美肌、ファンッションまで楽しんでしまいましょう。

<<紫外線防止の帽子はいかがですか? | 紫外線対策は毎日のお肌の手入れからトップへ | 紫外線アレルギーかなと思ったら、皮膚科で相談>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。