紫外線対策は毎日のお肌の手入れから > しわ たるみ 化粧品 > しわ取り化粧品をうまく利用して、しわを抑えましょう

しわ たるみ 化粧品

しわ取り化粧品をうまく利用して、しわを抑えましょう

歳を取ってきますと、何かと気になるのがしわではないでしょうか?
もちろん、顔で感情を表現するのに必然的にしわが出来るのは、仕方がないことですが、できれば、目立たないに越したことはないですね。

ドラッグストアーの化粧品コーナーに行きますと、しわ取りの化粧品と銘打った物がたくさん売られています。
これらの商品は、もちろん、使用しただけでサッとしわが取れるものではないことは、十分承知していると思います。

いちいち説明することでもないのでしょうが、しわを“取る”ことは物理的な施術(美容整形など)によってしか行えないのが普通です。

しわ取りの化粧品とはしわを“取る”のではなく、“目立たなくする”ものだと理解するべきだと言えるでしょう。

しわ取り化粧品を使用したけれども、『しわが全然取れない!』と過剰な期待から来る怒りの前に、化粧品の効果的な成分や使い方を知っておくことが大切なのです。

しわ取りに効果的であるとされている成分としましては、コラーゲン、ヒアルロン酸、レチノールなどがありますね。

しかし、これらの成分において、すべてしわに働きかけるポイントが違うってことは、あまり知られていないと思います。

コラーゲンは保湿に効果があります。
このコラーゲンをお肌の上から塗った場合、保湿、及び、お肌の内部に浸透して弾力を保つものとなります。

ヒアルロン酸は水分を逃がさずお肌のハリを保つのに効果があります。

レチノールはお肌の内部から弾力を保ち、コラーゲンを生成するのに効果があります。

これらの成分の働きの違いを知っていると、しわ取り化粧品の選び方の参考になるのと思いますので、覚えておくと良いと思います。

しわ取り化粧品は使い方にあわせた選び方だけでなく、使い方も工夫するとより効果を高めることが出来ます。

より効果的な使い方ですが、いつも使っているコットンに水を含ませて硬くしぼったものにしわ取り化粧品を乗せ、しわの気になるところにパックするよう塗布して5〜10分ほど置いてみてください。

水分とともに、しわ取りに有効な成分がお肌の奥深くまでしみ込んでいくのが感じられると思います。

しわ取り化粧品に使われる成分がどんなものなのかを知り、その成分が有効に働くような使い方をすることで、最大限の効果をもたらすことが出来ると思います。
せっかく購入した化粧品ですから、うまく利用することにしましょう。

<<しわ・たるみの対策は、若いうちから | 紫外線対策は毎日のお肌の手入れからトップへ | しわ・たるみ対策なら、ヒアルロン酸入り化粧品>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。