紫外線対策は毎日のお肌の手入れから > ファンデーション > パウダーファンデーションを使いこなしてお化粧上手に!

ファンデーション

パウダーファンデーションを使いこなしてお化粧上手に!

女性のお化粧にとって、ファンデーションは欠かせないものになっています。

手軽に、お肌のシミ・ソバカスを隠すのでしたら、ファンデーションが一番だと言えますね。

もちろん、一時的なものですから、本当にシミ・ソバカスをなくすと言うわけには行きませんが、お急ぎの際のお化粧を軽く済ませるのでしたら、ファンデーションはとても良いです。

ファンデーションと一口に言っても、最近は様々な種類があり、その用途もいろいろになってきています。

その人の肌の質にあったものを選び、かつ働きを考えると、ファンデーション選びはかなり大変になります。

そこで、ファンデーションの中でも、比較的にポピュラーなパウダーファンデーションについて、ちょっとした役に立つ情報をご紹介します。

パウダーファンデーションとは、パウダー状のファンデーションのことで、粉状のものが通常はコンパクトに入っていて、付属のパフでファンデーションを取ると、粉状になって肌に付くことになりますね。

家でのんびり過ごすと言う時などは、このパウダーファンデーションだけを軽く肌に伸ばすだけで十分と言う方もいらっしゃいます。

しかし、お出かけの際や、お仕事に行く時などのメイクの際には、パウダーファンデーションだけでは、心もとないですね。

パウダーファンデーションだけでは、化粧崩れを起こしやすいだけでなく、カバー力に欠けます。

まずは、化粧下地になるもので肌のキメを整えておいてください。

仕上げにパウダーファンデーションを用います。

化粧をする際の基本は、こんな感じですね。

お出かけ前のメイクでしたら、まず洗顔をして、基礎化粧品で肌の状態を整えていきます。

肌の状態を整えたら、クリームタイプのベースを塗り、リキッドファンデーションを少しだけ付けて、全体に伸ばします。

最後に、パウダーファンデーションを軽く塗りながら、肌になじませて、ベースメイクは完了となります。

パウダーファンデーションを塗る際には、頬をぬった後に残っている量で、眼の周りや口の周りなどに馴染ませるのが良いかと思います。

眼や口の周りにしっかりファンデーションを乗せてしまうと、厚化粧の原因となり、自然の感じを失いやすいので、気をつけましょう。

パフやスポンジの大きさなどにも気をつけて、パウダーファンデーションを使いましょう。

パフやスポンジの大きさは、付属の小さく薄いものは出来るだけ避けましょう。

大きめのスポンジを使うことをオススメします。

大き目のスポンジの方が、パウダーファンデーションをキレイに付けることができるからです。

粉っぽくなってうまく使えないのでしたら、パウダーファンデーションをフェイスブラシでつけると余分な粉は付かないので、良いでしょう。

パウダーファンデーションをうまく使いこなすだけでも、お化粧上手になり、自然な素敵な肌を表現できます。

お化粧上手になりましょう。

<<美の表現のコスメデコルテ | 紫外線対策は毎日のお肌の手入れからトップへ | オールシーズンのリキッドファンデーション>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。