紫外線 対策

貴女、紫外線対策は大丈夫ですか?

日差しが強い日が続きますと、紫外線悪影響が気になりませんですか?
夏から秋の季節においては、曇りの日だからといっても、天気の良い強い日差しの日と同様に紫外線に対しては気を使わないといけないですね。
以外と、曇りの日でも紫外線の量は多いんですよ。

ところで、紫外線を浴びた後のお手入れは、みなさん、どのようになさっていますか?

特に夏から秋にかけての季節、私たちは日光浴をしなくても、普段の生活で必要以上に紫外線を浴びているんですよね。

特に、仕事で外回りとか、子供と公園で遊んだとか、そういった外出先で想像以上に紫外線を浴びているので、気をつけなければならないんです。
そのまま放っておきますと、様々な肌トラブルに見舞われることになります。

まず、紫外線の悪影響としましては、紫外線は肌の細胞に傷をつけていますので肌を老化させます。
加齢によって現れるはずの、シミやシワやたるみ等が、紫外線を浴び続けることで痛んだ肌が徐々に現れてくると言うわけです。

当然のことながら、実年齢より老けて見られるようになってしまいます。
できれば、紫外線による肌の細胞の傷は避けたいですよね。

ですから、紫外線を浴びたら、その都度まめにお手入れをするようにすることで、細胞の傷も最小限に食い止められます。
紫外線を浴びるとお肌の表面の水分が奪われて、乾燥し、ほてった状態になり、細胞に傷が付くのです。

ですから、紫外線を浴びた後のお手入れで、一番最初にやらなくてはならないのは水分補給なのです。
外から帰ったら、まず洗顔をして肌の表面の汚れを落とすようにして、その後、普段お使いの化粧水でかまいませんので、コットンにたっぷりと化粧水をつけ、顔全体を優しくパッティングしていくのです。

もしフェイスマスクをお使いでしたら、それに普段より多めに化粧水を浸して、顔全体に貼ります。

大切なのは、最初のお手入れに出来るだけ時間をかけることです。
肌への最初の水分補給とクールダウンが一番重要だと言うことです。

紫外線を浴びた後は、肌の細胞に傷が付いてますのでシミが出来やすくなったり、シワやたるみが目立ってきますので、この傷の修復をなるべく早く行なうことが大切なのです。
ですから、お肌に化粧水をたっぷりと補った後は、美白のための美容液や、アンチエイジングのための美容液などを十分になじませると、より効果的に細胞の傷の修復が行なわれます。

あとは、お肌の水分が飛んでしまって乾燥しないように、乳液やクリームやオイルなどでお手入れの仕上げを行うようにして下さい。

紫外線を浴びた後のお手入れの基本は、ほてったお肌の保湿とクールダウンを重点的に行なうこと。
そして、お肌が乾燥しないように注意すること、この2つですね。

出来れば、UVカット入りの美容液もあった方が、肌の細胞の傷が少なくて済みますね。こまめなお肌のお手入れをすると、翌朝のお肌の状態が違って来ることを感じると思います。

昼間外出後の紫外線を浴びたお肌のお手入れについて、簡単にまとめてみましたが、いかがでしょうか?
外出で疲れた後、お肌のお手入れを放置しておくと、シミがあっという間にできてしまうのです。
若いうちはお肌の細胞の自己修復能力がまだありますが、歳と供に能力は低下しますので20代後半、30代からは間違いなく紫外線を浴びた後のお肌のお手入れは、とても大切になってくることでしょう。

紫外線 対策

紫外線対策は普段からの心がけ

皆さん、紫外線対策はしっかりとされていますか?
海やプールに行ってこんがりと小麦色に焼けている女性、紫外線対策が不十分で、肌がぼろぼろになっている方を見かけると、しみ、そばかすの原因になるのだろうなとよけいな心配をしてしまいます。
紫外線で一度痛んだ肌は、なかなか元には戻らないんですよね。

この日差しが照りつけて、暑い時期は特に注意しなければならないです。
紫外線対策の方法として、美容液やクリームを用いている方はかなり多いかと思います。

近年ではオゾン層の破壊から、基本的に紫外線対策は1年中行うのが良いようですが、少なくとも紫外線が強いとされる4月から10月くらいまでは、しっかりとした対策を取ることはお肌にとっては大切です。

紫外線対策の方法はいろいろとありますね。
大抵、誰もが用いているのは、日焼け止めクリームというところでしょうか。
必要な時、コンビニなどでも手軽に手に入る日焼け止めクリームは、紫外線の強くなる時期の紫外線対策には、まさにマストアイテム。

手軽に入る日焼け止めクリームに対して、ここ最近では、普段のスキンケアでも、紫外線に負けない素肌を作るための美容液やクリームが、いろいろと売られるようになりました。

スキンケアは、朝晩行なうのが一般的です。
朝のスキンケアの際には、UVクリームを使って紫外線を出来るだけ防ぐようにして、、夜のスキンケアの際には、日中に浴びた紫外線のダメージを和らげるためにUVケアの美容液を使う、こういった使い方が主流になってきています。

ところで、紫外線対策の美容液・クリームについて少し説明させて頂きますね。

まず、紫外線対策のクリーム、これは、朝、洗顔クリームで洗顔の後、化粧水でお肌を整えてから、その後、いつものケアを行って最後にUVクリームをつけます。

大抵の場合、朝用UVクリームは、紫外線A波もB波もしっかりカットしてくれますので、化粧下地としても使えて、非常に便利で役に立ちます。

次に紫外線対策の美容液ですが、日中に紫外線を浴びてしまったと思ったときなどには、必ず使って肌の調子を整えておきたいところですね。

就寝前のスキンケアの時に、化粧水や乳液などで目に見える肌をお手入れした後、最後に適量を手のひらに取り、顔や首など、日焼けが気になるところに更にじっくりとなじませます。

紫外線対策の美容液には、痛んだお肌の回復に必要な栄養素であるビタミンA・C・Eなどが多く含まれていて、毎日お使いになることで、お肌の健康も保たれます。

紫外線対策の美容液の成分が、紫外線によるお肌の損傷を回復させてくれ、しみ、そばかす等の原因を取り除いてくれます。

ざっと、紫外線対策用のお肌の手入れについて書いてみましたが、毎日のお手入れは、面倒なものです。
ついサボりがちですが、4月から10月くらいまでの紫外線量の多い日差しの強い時期くらいは、きちんとお手入れすることで、いつまでもみずみずしく若い肌が保たれると思います。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。