紫外線 防止

紫外線防止の帽子はいかがですか?

紫外線予防の為のクリームや、美容液がUVカットに有効であることは良く知っていますね。
いわゆる帽子なども紫外線防止に役に立っていると思っている方は多いかと思いますが、実はほとんど防止になってないんですね。

だれでも、紫外線が強くなってくると、何らかの紫外線対策を講じたくなるのは当たり前ですね。

紫外線を浴びることはシミなどの肌トラブルの原因ですから、なんとかして防ぎたい。

暑くなりますと、紫外線防止に役立つのと熱中症予防にと帽子をかぶる方が多く見受けられます。

帽子は、顔の近くで日光を遮ってくれますので、UVカットのクリームや美容液より紫外線に対して効果的のような気がするのですが、実はそうでもないんですね。
知ってましたか?

暑くなり紫外線量が増える春先から夏場にかけて、デパートや洋品店などで帽子が目立ち始めます。
普通に売られている帽子は、すがすがしい白とか美しいファッショナブルな帽子であったり、またつばの部分がレース仕立てで、いかにも涼しそうでなものが多いですよね。

白は、光や熱とか反射するので紫外線予防に役に立つと考えるかと思いますし、見た目はとてもキレイな色柄、デザインのですが、そのような帽子では紫外線は防ぐことは出来ません。
日光を遮ることが出来ても残念ながら紫外線は通してしまうんですね。

では、どういった帽子が紫外線をシャットアウトしてくれるのでしょうか?

実は、普通の帽子ではなく、紫外線を通さない帽子とは「UVケア」「UV加工」「UVカット」などと明記されている帽子だと言うのです。

これらの帽子には生地にUVカット用のコーティングが施されており、そのコーティング剤に紫外線吸収剤が含まれているので、紫外線を防止できるようになっているのです。

紫外線吸収剤が生地に含まれていることによって、帽子に紫外線が当たった時点で化学反応が起き、紫外線は無害な熱エネルギーに変化させてしまう働きがあるということです。
この働きによって、顔や首に直接紫外線が当たることがなくなるわけです。

紫外線対策を考慮して、これから帽子を購入される方、是非「UV加工」と書かれている帽子をお買い求めることをお薦めします。

実際の効果としましては、90%くらいは紫外線をカット出来るそうですよ。

普段の帽子とかでは、紫外線防止に十分に役に立たないというのは、知らなかった方が多いのではないでしょうか?
紫外線防止ようの吸収剤がしっかりと含まれているもので、「UVケア」「UV加工」「UVカット」などの明記は、しっかりと確認してから購入することにしましょう。
色柄、デザインも良くて紫外線防止がしっかりしているもが、お肌に一番優しいということですね。

紫外線 防止

紫外線防止は毎朝のお肌の手入れから!

日差しが強い毎日が続くと、気になるのがシミ、くすみなどの原因となる紫外線による日焼けですよね。
普段、街を歩いていたり、車を運転していてもこの紫外線による日焼けはお肌にとっては、大敵ですね。

最近は、ドラッグストアーを初めとして、コンビニでも紫外線を防止する美容液やクリームが多く出回っていますね。

やはり、それだけ紫外線ケアに対する意識が高くなってきているということなのでしょう。

ちょっと前までは、紫外線を防止するといえば、日焼け止めクリームが主流でしたね。

美肌に関する様々な情報がテレビ、雑誌、インターネットなどで流れ、紫外線が肌を老化させ、シワ・シミ・くすみ・たるみの原因になっていると誰もが認知するようになりました。

紫外線を普段のスキンケアのときから防止する事が大切だと知られるようになりましたので、メーカーの多くが日焼け止めクリームだけでなく、美容液などにもUVケアの働きがあるものがたくさん出すようになりました。

毎日のお肌のケアの際に紫外線対策を施すことが、何よりも大切だと言うことですね。

毎朝、仕事に出かけるときなどもスキンケアを行なうと思いますが、そのときに紫外線防止の美容液・クリームを用いることで、日焼け止めを意識することなく、肌に紫外線を出来るだけ浴びないようにするわけです。

朝は時間が足りませんので、洗顔をして化粧水などでお肌を整えたら、最後にUVケアの美容液やクリームで仕上げをする、これだけで紫外線対策になるわけですね。

特に、UVクリームの方は、つけたらそのまま化粧下地になりますし、手間が省けて2度美味しいという感じになります。

注意していただきたいのが、UVケアの働きがある美容液やクリームには、紫外線吸収剤を配合したものと紫外線散乱剤を配合したものの2つのタイプがあります。
どちらのタイプが良いかは、自分の肌がどちらに適しているかを良く見極めてから選んだほうが良さそうです。

紫外線吸収剤を配合したタイプは、紫外線を吸収して熱エネルギーに変えるという化学反応が起きるため、一般的に肌への負担が大きいとされていますので、比較的肌が丈夫な人向けでしょうか。

そういう意味では、肌に負担をかけることなく紫外線を防止するなら、紫外線散乱剤を配合の美容液やクリームを使った方が良いでしょう。

一口に紫外線対策用の美容液、クリームと言いましましても多種多様にありますので、迷ってしまうところですが、大きくまとめてみると上記の2通りなので、自分の肌の体質を見極めたうえで、使い分けしたいところです。
朝の忙しい時間などで、あれもこれもと言っているわけには行かないので、UVケアにはなるべく手軽に済ましたいところですね。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。