紫外線 予防

紫外線の悪影響から目を守る為に、サングラスを掛けましょう

日差しが強くなると必需品とも言うのがサングラス
自動車を運手する時はもちろんですが、普段外出する時などオシャレな感覚としても使いたくなり、肌身離せずに掛けておきたくなるのがサングラス。

特に、海岸に出かけるときなどは、海からの紫外線の照り貸しを防ぐにも必要ですし、冬場においても、スキーに出かけるときなどは雪の紫外線の照り返しにサングラスは必需品ですね。

街を歩いていると気付くのですが、特に紫外線が強くなる春先から夏場にかけて、街角への外出するときにサングラスをかける方を多く見かけるようになります。

また、私もそうですが、自動車の運転をする方は、必ずといっていいほど、サングラスを持っていて、西日など日差しが目に入る時は掛けるようにしています。

自動車の運転の場合、日差しが眩しいからサングラスをかけるという方がほとんどだと思いますが、サングラスをかけることにより、目に入ってくる紫外線を少なくするなど、サングラスが私たちの健康に役立っているということをご存知でしょうか?
もちろん、サングラスがUVカットになっていることが条件ではありますが、、、

ところで、紫外線が原因で引き起こされる眼病をいくつか上げてみますと、角膜炎(雪目・日焼け目)と白内障があります。

目の病気の中で、この2つは紫外線が原因であることが分かっているので、単に日差しよけにサングラスが必要であるとばかりではないのです。

角膜炎については、サングラスをすることなく炎天下で長時間紫外線を目に受けていたり、スキーに行って、サングラスやゴーグルをすることなく長時間滑ったりして、雪からの照り返しの紫外線を目に受けていると起こるものです。

角膜円の症状としては、紫外線によって角膜が炎症を起こし、目が痛くて涙が止まらなくなるなど、大変つらいものがあります。

一方、白内障は紫外線が目の中に蓄積することで水晶体を徐々に徐々に損傷させていく病気なので、気が付かないうちになる病気として非常に怖いものがあります。

白内障の怖い所は、紫外線の悪影響による水晶体が少しずつ白く濁りはじめ、放っておくと失明してしまうところでもあります。

ただ、これらの病気は、目が健康なうちからUVカットの効果のあるサングラスをすることなどの紫外線対策をしていれば、十分に予防ができるものなのです。

近年、世界的な問題となっている環境破壊のなかには、CO2の増加ばかりでなく、オゾン層の破壊も話題に上っていることはご存知かと思います。

地球表面にあって保護膜の役割をしているオゾン層の働きが弱くなってしまった為に、一昔前よりも、多くの紫外線が地球上に届いていて、更に地球温暖化の原因にもなっています。
例えば、北極の氷の氷解の原因の一つに、オゾン層の破壊が原因となっていると言われています。

また、ある一説によれば、目から紫外線が人体に入ると、お肌のトラブルが起きることがあるそうです。

角膜炎や白内障を予防することはもちろんですが、美肌維持のためにも、紫外線はサングラスでしっかりとシャットアウトしたいものですね。

紫外線の悪影響がいろいろと分かってきますと、ファッションとしてのサングラスというよりは、健康の為にサングラスを掛けることが大切なことだと思えますね。
ファッションにおけるところのサングラスの色の濃さや、デザインもさることながら、UVカット機能がしっかりとしているサングラスを掛けることで、健康と美肌、ファンッションまで楽しんでしまいましょう。

紫外線 予防

紫外線予防とスキンケアが一緒になった美容液やクリームが良い

皆さんお使いの美容液クリームの中には、紫外線予防用の成分は入っているでしょうか?
普段から、紫外線については意識しないことが多いかと思いますが、お肌のお手入れで紫外線予防は必需品となりつつあるんですよ。

普段の私たちの生活において紫外線の効用として、殺菌消毒、ビタミンDの合成、生体に対しての血行や新陳代謝の促進など様々ありますが、残念なことにお肌のことになりますと、紫外線は悪者以外の何者でもなくなります。

特に、紫外線が強くなってくる初夏や夏バリバリの季節、残暑のころになると、紫外線を予防するための美容液やクリームのCMが多く流れて、よく見かけますね。

常時、強い紫外線を浴びることで、お肌の老化が進んでしまうことを誰もが知っているから、化粧品メーカーなどはその時期を狙ってCMを流すわけです。

女性を悩ませる、シミやシワ、くすみやたるみ、これらの肌トラブルは加齢によるものと思われてきたのですが、実は、普段の生活の中で浴びている紫外線が大きく影響していることが解ったんですね。
紫外線に長時間さらされると、皮膚、目、免疫系へ急性もしくは慢性の疾患を引き起こすという研究報告もありますね。

紫外線が増量している原因としては、環境破壊によってオゾン層の働きが弱くなっていることにも起因しているようです。

オゾン層の働きが弱まり、否応なしに強く降り注ぐ紫外線から逃れる為には、どのようなケアをしていけばお肌の老化を遅らせることが出来るのでしょうか?

思いつく方法としましては、日焼け止めクリームを使う方が多いのではないでしょうか?
紫外線を浴びる前に予防するクリームが日焼け止めクリームですし、手軽に紫外線を予防できるところが何よりも嬉しいですよね。

日焼け止めだけの専用クリームも良いのですが、ここ最近は、普段のお肌のお手入れの際に紫外線を予防してしまうという美容液やクリームが、コンビニなどの店頭でも多く売られるようになりました。

毎日行なうスキンケアですから、そのような基礎化粧品と紫外線予防のケアも一緒にできるのは便利ですね。

主に、UVクリームは朝のスキンケアの仕上げに使い、そのままお化粧の下地にもなりますから、あらためてUVケアを考えなくていいですから楽ですね。

そして、UV美容液に関して言えば、紫外線を浴びたお肌の夜のお手入れの際に使うことが多く、痛んだお肌を癒やすのに効果も高いですね。

UV美容液の多くは、疲れたお肌を回復させるような成分であるビタミンA・C・Eなどが多く含まれていますから、眠っている時間に回復させるわけですね。

実際のところ、紫外線は1年を通して予防したほうが、お肌には良いとされています。

紫外線予防の美容液やクリームで今日から手軽にUVケア、貴女もはじめてみませんか?

紫外線予防に関する美容液、クリームについて簡単にまとめてみましたが、普段のスキンケアは何かと手間が掛かったりして、朝の忙しい時間にゆっくりとできないですよね。
紫外線予防専用のクリームを使う一手間が、以外と煩わしいものです。
UVケアを意識することなく、普段のスキンケアの中で済ますことができるに越したことはないですね

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。