紫外線 アレルギー 病気

紫外線アレルギーかなと思ったら、皮膚科で相談

紫外線の悪影響の一つに、紫外線アレルギーというのがあるそうですが、あまり聞いたことがなく、そんなアレルギーもあるのかという感じでもあります。
紫外線の量に関わらず、この紫外線アレルギー症状は現れるようなので、結構、厄介な病気のようです。

耳慣れないこの紫外線アレルギーですが、ここ最近この病気にかかる方が増えてきているという報告があります。

では、紫外線アレルギーとはどんなものなのでしょうか?

紫外線アレルギーとは、日光過敏症とか日光性皮膚炎とも呼ばれているもので、紫外線の量に関係なく紫外線を浴びることで、皮膚に湿疹が出来たり、皮膚が全体的に赤く腫れてしまったりするようです。
ひどい症状の時は、みみず腫れや蕁麻疹、水ぶくれなどを起こしてしまう病気で、免疫異常が原因のようで、病院の皮膚科で診てもらう必要があります。

単に皮膚に外傷的な症状が現れるだけでなく、頭痛を伴ったり嘔気を催したりして、苦痛を強いられることが多いようなので、とても厄介な病気でもあります。

やっかいな紫外線アレルギーではありますが、アレルギー症状が軽ければ、長袖の洋服を着る、帽子(UVカット用)をかぶる、日傘(UVカット用)をさす、日焼け止めクリームを使うなどの紫外線対策をしっかりすれば、日中の外出も十分に可能になります。

とは言うものの、アレルギー症状が重い場合などは、日中もUVカット機能のあるカーテンを閉めた状態で部屋の中で過ごさなければならず、外出は専ら夜間になるという方もいらっしゃるので、厄介な病気であることには間違いないです。

では、紫外線アレルギーの原因が何かといいますと、私たちの皮膚細胞に存在する光感作物質が、紫外線を浴びた時に光抗原(=アレルゲン)を作ってしまうことにあると言われているようです。

このアレルゲンによって皮膚にアレルギー反応が起こるようになるのですが、まだ原因が良く分かってないのですが、一度アレルゲンが生成されてしまうと、紫外線を浴びるたびにアレルゲンが作られてしまい、皮膚にアレルギー症状が現れるようになのだそうです。
これが紫外線アレルギーなのです。

ただし、浴びた紫外線量などによっては、アレルゲンの生成が多かったり少なかったりするようなので、毎回毎回同じようなアレルギー反応が起こるわけではないようです。
とは言うものの、紫外線アレルギーにかかってしまうと、自然治癒されるといことはまずないので、残念ながら病院に何度となく通うことになります。

普通に紫外線アレルギーの場合でも、皮膚の炎症など非常に苦痛を伴うことが多いのですが、紫外線アレルギーの他になんらかの病気が隠れているということも往々にしてあるようなので、きちんと皮膚科で診てもらう必要があります。

何らかの病気が原因とするならば、その病気を治すことで紫外線アレルギーも治るはずです。
もしかして紫外線アレルギーかな?と思ったら、必ず皮膚科の医師に相談することをお勧めします。

紫外線によるアレルギーについて書いてみましたが、免疫異常がその原因ではあっても、紫外線を浴びるとなぜ免疫異常になるかは分かっていませんし、一度、紫外線アレルギーに掛かると、紫外線を浴びるつど、アレルゲンができてしまうのも厄介なものです。

ある報告によりますと、ほとんど全てのアレルギーは副交感神経の異常亢進によるものであるといわれていますので、原因はストレス過多によるものとも言えないことはないですね。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。