しわ たるみ 化粧品

しわ・たるみ対策なら、ヒアルロン酸入り化粧品

薬局やドラッグストアーに行きますと、サプリメントのコーナーであったり、化粧品のコーナーであったりと、いたる所でよく目にするヒアルロン酸って、どんな働きをし効果はどんなものなのでしょうか?

ヒアルロン酸は、しわたるみ対策と関節痛に有効な成分なのだそうです。

ただ、しわ・たるみに良いとは言うものの、厳密に言うとヒアルロン酸はしわ・たるみに直接働きかけるものではないということです。

ヒアルロン酸の効果としまして高い保湿力を持っていますので、化粧品に含まれている場合は、主に保湿を目的とされているようです。

この高い保湿力により、ヒアルロン酸はしわ・たるみを消すという働きをするのではなく、お肌に潤いを閉じ込めることになるのだそうです。

お肌に潤いを閉じ込めることにより、しわ・たるみの原因となるお肌の乾燥を防ぐというわけです。
お肌に潤いが行き渡ると自然とお肌に弾力が出てきますので、潤いが肌の内側から押し戻す働きをして、しわ・たるみが目立たなくなるのです。

このような働きにより、ヒアルロン酸は確かにしわ・たるみ対策として効果があるということです。

ヒアルロン酸によるしわ・たるみ対策をする為には、ヒアルロン酸を飲用するよりは化粧品としてお肌に塗るのがもっとも効果的だと言えます。

最近ではヒアルロン酸を含むサプリメントなどいろいろな種類が出ておりますが、ヒアルロン酸を飲用することで、しわ・たるみが消えたり薄くなったりすることなどの働きは、科学的に立証されていないようなのです。
ヒアルロン酸を化粧品として使用することは、しわ・たるみ対策に良いことは実証されているので、サプリメントでの飲用より確かだと言えます。

ヒアルロン酸の使用で、化粧品以外でのしわ・たるみ取りの対策として効果が出る方法としましては、肌へのヒアルロン酸の直接注入があります。

お肌の中に直接ヒアルロン酸を注入することで高い保湿力を活かし、お肌のハリを取り戻すことで、しわ・たるみを薄くする美容整形の施術という方法です。

このヒアルロン酸の注入は、その即効性と高い効果、メスを使わない安心感と気軽さが多くの人に受け、現在、しわ・たるみ対策としてとても流行しています。

気軽に出来るとは言うものの、ヒアルロン酸の肌へ注入も万能ではないことを留意すべきです。

なぜなら、注入したヒアルロン酸は肌の内側にいつまでもとどまっている事は出来ませんから、ヒアルロン酸が体外へ出てしまえば、しわ・たるみがまた現れるので、期間限定だということです。

しわ・たるみ対策に万能薬と言うものはありませんが、ヒアルロン酸が大変効果があることは確かなので、毎日のスキンケアに、ヒアルロン酸入りの化粧品を使うことで、継続して肌の潤いを保てるのではないでしょうか?

しわ たるみ 化粧品

しわ取り化粧品をうまく利用して、しわを抑えましょう

歳を取ってきますと、何かと気になるのがしわではないでしょうか?
もちろん、顔で感情を表現するのに必然的にしわが出来るのは、仕方がないことですが、できれば、目立たないに越したことはないですね。

ドラッグストアーの化粧品コーナーに行きますと、しわ取りの化粧品と銘打った物がたくさん売られています。
これらの商品は、もちろん、使用しただけでサッとしわが取れるものではないことは、十分承知していると思います。

いちいち説明することでもないのでしょうが、しわを“取る”ことは物理的な施術(美容整形など)によってしか行えないのが普通です。

しわ取りの化粧品とはしわを“取る”のではなく、“目立たなくする”ものだと理解するべきだと言えるでしょう。

しわ取り化粧品を使用したけれども、『しわが全然取れない!』と過剰な期待から来る怒りの前に、化粧品の効果的な成分や使い方を知っておくことが大切なのです。

しわ取りに効果的であるとされている成分としましては、コラーゲン、ヒアルロン酸、レチノールなどがありますね。

しかし、これらの成分において、すべてしわに働きかけるポイントが違うってことは、あまり知られていないと思います。

コラーゲンは保湿に効果があります。
このコラーゲンをお肌の上から塗った場合、保湿、及び、お肌の内部に浸透して弾力を保つものとなります。

ヒアルロン酸は水分を逃がさずお肌のハリを保つのに効果があります。

レチノールはお肌の内部から弾力を保ち、コラーゲンを生成するのに効果があります。

これらの成分の働きの違いを知っていると、しわ取り化粧品の選び方の参考になるのと思いますので、覚えておくと良いと思います。

しわ取り化粧品は使い方にあわせた選び方だけでなく、使い方も工夫するとより効果を高めることが出来ます。

より効果的な使い方ですが、いつも使っているコットンに水を含ませて硬くしぼったものにしわ取り化粧品を乗せ、しわの気になるところにパックするよう塗布して5〜10分ほど置いてみてください。

水分とともに、しわ取りに有効な成分がお肌の奥深くまでしみ込んでいくのが感じられると思います。

しわ取り化粧品に使われる成分がどんなものなのかを知り、その成分が有効に働くような使い方をすることで、最大限の効果をもたらすことが出来ると思います。
せっかく購入した化粧品ですから、うまく利用することにしましょう。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。