肌 保湿

肌の保湿用クリームなら、セラミド入り化粧品

秋や冬の季節は、乾燥する季節でもあり、お肌にとっては大敵な季節でもあります。
特に、保湿力があまりない乾燥肌の人にとっては、悩みの季節だとも言えますね。

肌の保湿をしようとした際に大半の人がされる方法として、肌の保湿クリームなどを使っての保湿をすることが多いと思います。
しかし、肌の保湿のために油が含まれているクリームを利用するというのは、実は間違っていると言われています。

肌の保湿の為のクリームを使っての保湿をする前に、まずは根本的な肌の保湿について考えていかなければいけません。

肌の保湿に一番の大切なこと、それは皮膚そのものが持っている水分が、できるだけ失われないようにするための対策をすることが、何よりも大切なことなのです。

肌が持つ本来の水分そのものが乾燥しないように対策をすることが、肌の保湿につながるということになるわけです。

肌の保湿の大敵である肌の乾燥というのは、単に肌の水分がなくなってしまうことだけが原因ではありません。
一番の原因は、肌の中にあって保湿力を増やしてくれるセラミドと呼ばれる角質細胞間皮質が減ってしまうことであり、壊れてしまうことなのです。

本来ならセラミドが肌を保護してくれるはずなのですが、年齢とともに肌の保護膜であるセラミドが減ることにより、肌が乾燥してしまい肌の保湿が必要になるわけです。

先のことから、肌の保湿にはセラミドが入っている化粧品などを選ぶことが大切となってきますが、セラミド配合のクリームといってもいろいろとあり、迷うことでしょう。

肌の保湿のことを考えてセラミドが入っているものを選ぶことが大切ですが、セラミド配合のクリームは少々値段が高いので、肌の保湿として他のクリームを選ぶのならヒアルロン酸が配合されているクリームを選ぶというのも効果的です。

しわ たるみ 対策

たるみの解消は、まず健康的な生活から

女性にとっての悩みの一つが、年齢と共に顔に表れてくるたるみだと思います。
若いうちは顔に張りもあるので、たるみが出ると言うことはありませんが、年齢がかさむにつれて張りが失われて、たるみとなって出てくるのは悩みの種と言えます。

その顔のたるみなのですが、解消する方法として、3つほど上げられます。
1、表情筋を鍛えること。
2、お肌に弾力を持たせること。
3、老廃物を溜め込まないこと。

それでは、1つずつ説明していくことにします。

まず、1番目の表情筋なのですが、その名の通り表情を作る筋肉のことであり、年齢と共に衰え易い筋肉と言えます。
表情筋の衰えにより、筋肉の上に乗っている皮膚が重力に耐え切れずに、引き止めることができずに落ちて行くようになります。
これがたるみとなるわけですね。

顔に同じように筋肉がついていても、若い子と年齢の行っている人で印象が違うのは、筋肉の衰えのせいと言えます。
若い子は、まだ表情筋自体が衰えてなくハリがありますから、顔に肉がつくとパンパンになり、たるみにはならないわけです。

この表情筋は、食べ物をよく噛んだりするとか、たくさん話したりするなど、表情を豊かにすることで鍛えることができます。
よく噛んで食べ、よく話をして、毎日楽しい生活を送るならば、たるみ知らずになると言えるでしょう。

2番目のお肌の弾力が失われると顔にたるみが出る、というのは非常にわかりやすいことだと言えます。
自分のお肌を押したりしてみて、お肌の弾力に不安を感じたら、たるみが現れる前に徹底的なスキンケアを心がけて、弾力を失わないように努力しましょう。

お肌の弾力の為に、コラーゲンを生成するレチノールなどが配合された化粧品を使うと、弾力を高める効果があるようです。
コラーゲンについては、お肌に直接に塗るよりも食べる方が、たるみ解消にはかなり効果的であるようです。

3番目の身体に老廃物が溜まるとお肌がむくむ症状が現れたりする、ということは知っていますよね。
このむくむ症状は、顔にも同様のことが言えます。

顔に現れるむくみが重力に耐え切れず、たるみとなってしまうわけです。

顔から老廃物を追い出すのに効果的な方法は、リンパマッサージでしょう。

エステに行くというのも良いですし、セルフケアを頑張ると言うのも効果がありますね。
もちろん、老廃物を身体から排出するデトックスも効果があるかもしれませんね。

いずれにしても、顔のたるみ、お肌のたるみは、そのまま何もしないでいると、年齢と共に表情に表れてきますので、たるみが出ないようにする努力が必要です。
表情筋を鍛えること、お肌の弾力を高める化粧品を使うこと、老廃物が身体に溜まらない生活をすること、どれも健康的な生活をしていくことで十分できることですね。
健康的な快い生活をしていきましょう。

しわ たるみ 対策

頬のたるみは直すことができます

しわたるみって、嫌なものですね。
できれば、避けたいものですが、こればっかしは仕方がないことなのでしょうか。

どんなに絶世の美女と言われる人でも、年齢を重ねるたびごと絶対にやってくるのが頬のたるみであり、しわなんですよね。

今日は、たるみについて少し調べた見ました。

頬のたるみ具合によって、見た目年齢がだいぶ変わって来るんですよね。
このたるみ、すこしでも上手に解消したいところです。

その解消のためには、まず、たるみの原因が何かを知らないといけないです。

まず、頬のたるみの原因として考えられるものとしては、表情筋の衰えが上げられます。
一般的に、筋肉が弱々しくなり、筋肉で皮膚を支えきれなくなった為に、重力に引っ張られて皮膚が下に落ちて来ると、頬はたるみます。

また、肌自体の弾力がなくなることでも、筋肉弱体化同様に、皮膚が下がってしまうため、これもたるみの原因となります。

その他にも、余分な老廃物などが頬に溜まることで顔がむくみ、その部分がたるみとなる場合などもありますので、気をつけなければなりません。

頬のたるみを解消するための重要なポイントは、それぞれの原因に合わせた処置をすることなのです。

もし、表情筋が衰えているのなら、表情筋を鍛えれば大丈夫です。

食事をする際に物をよく噛むようにするとか、鏡の前で大げさに表情を作ってみるとか、大きく口を開けて『ポリバケツ』と言うなどして、顔の筋肉のハリを取り戻すことができるので、やってみましょう。
まずは、表情が豊かになることが大切だとも言えますね。

次に、肌の弾力が失われてきていると感じるなら、徹底的なスキンケアがたるみ対策となることは言うまでもないことです。

特に、冬場などの乾燥する時期は、たるみの素になるので、肌に十分な潤いと保湿をするように心がけましょう。
また、汗の掻きやすい夏でも、しっかりとした保湿を心がけることは大切です。

ついでに、紫外線対策も忘れないようにしてくださいね。

最後に、老廃物が溜まっているのでしたら、リンパマッサージが効果的でしょう。

特別に、エステ等に行かなくとも、ゴルフボールを使ったフェイスマッサージや、フェイスマッサージ用のアイテムなどを上手に使えば、かなり解消されるはずです。
このフェイスマッサージを行なう際は、クリームやオイルはたっぷりと使って、お肌の摩擦による痛みを軽減しましょう。

お肌の摩擦は乾燥の原因になりやすいですし、ひいてはたるみの素となりますから、マッサージで肌を傷つけないように気をつけましょう。

いつまでも若々しいお肌で、健康的な生活送りたいものですね。

しわ ボトックス

しわ取り対策にボトックスが注目

ボトックス治療と言うのは、しわを改善したり、目を大きく見せたり、小顔治療が手軽にできるなどの効果があり、人気のしわ取り方法の一つです。

ボトックスは、最初、北米を中心に始められた若返り美容治療で、最近、少しずつ日本でも注目を集めているしわ対策としての治療方法なのだそうです。

ボトックスについて、少々調べてみました。

ボトックスとはボツリヌス毒素を注射する施術で、筋肉を麻痺させてしわをできにくくする治療方法のようです。

ボツリヌス毒素をしわの部分に注射すると聞くと、副作用などの不安も感じますし、実際のところ、体調や体質によってはごく一部の人には副作用もあるようです。

ただ、メスを使わないプチ整形と言う感じなので、しわ対策としてのボトックスの人気は年々高まる傾向にあるようです。

プチ整形だからといっても、ボトックスはすべてのしわに効果があるというわけではありませんので、そこは理解していただきたいところです。

ボトックスはいわゆる“表情じわ”に対して、高い効果を表すことができるのです。

いわゆる笑ったり話したりすることで現れるしわに対して効果がありますが、それ以外の加齢や乾燥によって刻まれたしわに対しては、効果はさほど期待できないようです。

ですから、ボトックスの治療方法では、すべてのしわが消えるわけではないと理解しておくべきです。

また、いくらしわ対策に効果上がり、人気であるからとは言え、ボツリヌス“毒素”という響きに抵抗がある人もいらっしゃることでしょう。

多少の不安を感じる方は、他のしわ対策を考えた方が無難と言えます。

ボトックスは、しわ対策において万能と言うものではありません。

ボトックスの効果は期限つきでもありますし、大量に注入しすぎた場合などは、まったくの無表情になってしまうなどの副作用的なものもあります。

それらの副作用と言えるものもあるということを理解していないと、トラブルにもなりかねません。
事前に施術する医師にしっかりと相談し、医師の説明をしっかりと聞いておいた方がよろしいです。

ボトックスといわれる中でも、最近、“塗る”ボトックスというものも話題になっているようです。

正確に言うと“塗る”ボトックスというのは、ボツリヌス毒素を注入するいわゆるボトックスとは違いまして、似た作用を持つ「アルジリン」や「マイオキシノール」といった成分が配合されている化粧品を使われる方法のことです。

ボトックスほどの即効性はありませんが、化粧品ということもあり、家で気軽に試すことができますので、しわ対策として一度試してみてはいかがでしょうか。

ボツリヌス毒素を使用してのボトックスは、確かに効果が高いようですが、多少副作用もあったりするようなので、医師とのカウンセリングがしっかり必要ですね。
個人的には、化粧品として手軽に使える“塗る”ボトックスの方が良いかなと思います。

しわ たるみ 化粧品

しわ・たるみ対策なら、ヒアルロン酸入り化粧品

薬局やドラッグストアーに行きますと、サプリメントのコーナーであったり、化粧品のコーナーであったりと、いたる所でよく目にするヒアルロン酸って、どんな働きをし効果はどんなものなのでしょうか?

ヒアルロン酸は、しわたるみ対策と関節痛に有効な成分なのだそうです。

ただ、しわ・たるみに良いとは言うものの、厳密に言うとヒアルロン酸はしわ・たるみに直接働きかけるものではないということです。

ヒアルロン酸の効果としまして高い保湿力を持っていますので、化粧品に含まれている場合は、主に保湿を目的とされているようです。

この高い保湿力により、ヒアルロン酸はしわ・たるみを消すという働きをするのではなく、お肌に潤いを閉じ込めることになるのだそうです。

お肌に潤いを閉じ込めることにより、しわ・たるみの原因となるお肌の乾燥を防ぐというわけです。
お肌に潤いが行き渡ると自然とお肌に弾力が出てきますので、潤いが肌の内側から押し戻す働きをして、しわ・たるみが目立たなくなるのです。

このような働きにより、ヒアルロン酸は確かにしわ・たるみ対策として効果があるということです。

ヒアルロン酸によるしわ・たるみ対策をする為には、ヒアルロン酸を飲用するよりは化粧品としてお肌に塗るのがもっとも効果的だと言えます。

最近ではヒアルロン酸を含むサプリメントなどいろいろな種類が出ておりますが、ヒアルロン酸を飲用することで、しわ・たるみが消えたり薄くなったりすることなどの働きは、科学的に立証されていないようなのです。
ヒアルロン酸を化粧品として使用することは、しわ・たるみ対策に良いことは実証されているので、サプリメントでの飲用より確かだと言えます。

ヒアルロン酸の使用で、化粧品以外でのしわ・たるみ取りの対策として効果が出る方法としましては、肌へのヒアルロン酸の直接注入があります。

お肌の中に直接ヒアルロン酸を注入することで高い保湿力を活かし、お肌のハリを取り戻すことで、しわ・たるみを薄くする美容整形の施術という方法です。

このヒアルロン酸の注入は、その即効性と高い効果、メスを使わない安心感と気軽さが多くの人に受け、現在、しわ・たるみ対策としてとても流行しています。

気軽に出来るとは言うものの、ヒアルロン酸の肌へ注入も万能ではないことを留意すべきです。

なぜなら、注入したヒアルロン酸は肌の内側にいつまでもとどまっている事は出来ませんから、ヒアルロン酸が体外へ出てしまえば、しわ・たるみがまた現れるので、期間限定だということです。

しわ・たるみ対策に万能薬と言うものはありませんが、ヒアルロン酸が大変効果があることは確かなので、毎日のスキンケアに、ヒアルロン酸入りの化粧品を使うことで、継続して肌の潤いを保てるのではないでしょうか?

しわ たるみ 化粧品

しわ取り化粧品をうまく利用して、しわを抑えましょう

歳を取ってきますと、何かと気になるのがしわではないでしょうか?
もちろん、顔で感情を表現するのに必然的にしわが出来るのは、仕方がないことですが、できれば、目立たないに越したことはないですね。

ドラッグストアーの化粧品コーナーに行きますと、しわ取りの化粧品と銘打った物がたくさん売られています。
これらの商品は、もちろん、使用しただけでサッとしわが取れるものではないことは、十分承知していると思います。

いちいち説明することでもないのでしょうが、しわを“取る”ことは物理的な施術(美容整形など)によってしか行えないのが普通です。

しわ取りの化粧品とはしわを“取る”のではなく、“目立たなくする”ものだと理解するべきだと言えるでしょう。

しわ取り化粧品を使用したけれども、『しわが全然取れない!』と過剰な期待から来る怒りの前に、化粧品の効果的な成分や使い方を知っておくことが大切なのです。

しわ取りに効果的であるとされている成分としましては、コラーゲン、ヒアルロン酸、レチノールなどがありますね。

しかし、これらの成分において、すべてしわに働きかけるポイントが違うってことは、あまり知られていないと思います。

コラーゲンは保湿に効果があります。
このコラーゲンをお肌の上から塗った場合、保湿、及び、お肌の内部に浸透して弾力を保つものとなります。

ヒアルロン酸は水分を逃がさずお肌のハリを保つのに効果があります。

レチノールはお肌の内部から弾力を保ち、コラーゲンを生成するのに効果があります。

これらの成分の働きの違いを知っていると、しわ取り化粧品の選び方の参考になるのと思いますので、覚えておくと良いと思います。

しわ取り化粧品は使い方にあわせた選び方だけでなく、使い方も工夫するとより効果を高めることが出来ます。

より効果的な使い方ですが、いつも使っているコットンに水を含ませて硬くしぼったものにしわ取り化粧品を乗せ、しわの気になるところにパックするよう塗布して5〜10分ほど置いてみてください。

水分とともに、しわ取りに有効な成分がお肌の奥深くまでしみ込んでいくのが感じられると思います。

しわ取り化粧品に使われる成分がどんなものなのかを知り、その成分が有効に働くような使い方をすることで、最大限の効果をもたらすことが出来ると思います。
せっかく購入した化粧品ですから、うまく利用することにしましょう。

しわ たるみ 対策

しわ・たるみの対策は、若いうちから

女性にとって、シミやソバカスも困りものですが、しわたるみも大変な大敵であり、できれば無くしたい物ですよね。
年齢と共に、しわや・たるみは出るものだと諦めてしまいますと、防げるものも防げなくなります。

服装や髪型以上に見た目の年齢を決めるのは、しわ・たるみの有無なので、気をつけましょう。

どんなにオシャレに決めていても、しわやたるみがそこかしこに見え隠れして年齢がバレバレ……なんていう人をよく見かけるので、少々、気になります。

逆に言えば、しわ・たるみさえなければ、見た目の年齢よりはるかに若く見えるものなんです。

本当にいつまでも若く見られたいのでしたら、お金と時間をオシャレにかけるのも決して悪くはありませんが、いくらかでもしわ・たるみ対策に回してみるというのはいかがでしょうか。

もし、あなたが、今すぐなんとかしたい!とお考えならば、美容整形やエステに行くことを是非オススメします。

美容整形においてのしわ・たるみ対策では、ボトックスやヒアルロン酸注入など、即効性のある対策が受けられて、十分満足するものがあるでしょう。

エステでのしわ・たるみ対策としては、スチームや光照射、マッサージなどです。

エステでの対策は、美容整形ほど効果があるとはいえませんが、即時性と高い効果を見込めると思います。

しかし、美容整形は抵抗のある人も当然に多いことでしょうし、エステはなかなか高額だからと二の足を踏む方もいらっしゃることでしょう。

そこで、自宅などでも出来る、しわ・たるみ対策を考えてみましょう。

しわ・たるみ予防の観点からしますと、まず大切なことはとにかくお肌の乾燥を防ぐことです。

お肌の乾燥は、間違いなくしわ・たるみの原因となっていますので、毎日の保湿のスキンケアがしわ・たるみ対策の第一歩となることをしっかりと理解してください。

一般的には、乾燥=冬となりますが、夏場においても油断してはいけません。

夏場の紫外線は乾燥の素となるので、しっかりとこの紫外線対策もしっかりとするようにしましょう。

また、お肌の弾力を取り戻すマッサージや油分を補う化粧品の使用も、しわ・たるみ対策としては効果的です。

マッサージの摩擦を防ぐために、たっぷりのクリームを使って、お肌に円を描くようにして、下から上へとマッサージをするようにしましょう。

しわ・たるみも普段のスキンケアなどにおける心がけで、だいぶ違ってくるものです。
しわ・たるみが気になり出す年頃以前から、しっかりとスキンケアをしておくことをお薦めいたします。

しわ たるみ 対策

目の下のしわに気をつけましょう

歳を取りますと、自然としわが目に付きだして、きになります。
仕方がないとは分かっていますが、出来れば、あまりしわは目立たない方が良いです。
人によって、そのしわの目立ち方が違うわけなのですが、努力によっては、あまり目立たなくさせることが出来るんですよね。

ところで、顔のしわには大きく分けて2種類あります。

まずは表情じわについて。
誰でも笑うとできるしわや、難しい顔をすると現れるしわがありますが、これが表情じわといものです。
表情じわが自然とくせになって刻み込まれてしまうと、無表情な状態においても頬や目元などに、常にしわが現れている状態になり、しわの入り方によってはかっこいいものではないですね。

もう一つは乾燥じわ。
その名の通りの乾燥が原因となるしわなのですが、お肌が乾燥すると表面にひびが入ってしまい、見た目がよくないのがこの乾燥じわですね。
この乾燥じわは、本来なら油分や水分が戻るとすぐに戻るようなものなのですが、お肌が乾燥している状態が続いていますと、内側からひび割れを押し戻す弾力がなくなり、戻らなくなります。
この状態を繰り返していますと、始めはちょっとしたひび割れだったものがしわになってしまうのです。
ちょうど一度ふくらんだ風船が、しぼんだ状態になるのを思い浮かべるとわかりやすいかと思います。

ちなみに、目の下にできるしわは、表情じわよりも乾燥じわであることが多いようです。
それで、目の下のしわの対策として考えられるのは、保湿をしてあげることですね。
目の下にしわが出来たかなと思った時は、保湿成分のある目元専用のクリームなどを、毎日のお肌のお手入れに取り入れることをお薦めいたします。

目元専用の保湿クリームは高価な物もあり、いろいろありますが、自分に合った物を使えば良いですね。
必ずしも高い物が良いとは限らなくて、むしろお値段はそこそこの物の方が、たっぷりと長く使える為、お肌に優しいかと思います。

目の下は皮膚が薄いため、気をつけなくてはいけないのは、保湿クリームをケチったり力を入れすぎて刷り込むように摩擦力が大きくなるのは絶対に禁物です。

目の下の皮膚がこすれてしまい、却ってますますしわが増える原因となるので、気をつけてください。

目の下のしわの対策で大切なことは、優しく保湿することですし、加湿器や美顔スチームなどを上手に利用するのも効果的で良い対策といえます。
それから、夏の季節などは、大きめのサングラスで乾燥の素となる紫外線を防ぐようにしましょう。

目元のしわも気になるところですが、目の下のしわは、肌が乾燥すると意外とできやすいものでもあり、気をつけたいところです。
保湿クリームをうまく使って、目の下のしわの対策をしましょう。

美白 化粧品

美白化粧品は、シートマスクタイプのパックがオススメ

美白の肌の為のスキンケアにパックを利用される方が、最近、特に増えてきているようです。
スキンケアで一番効果があるのは、パックだと感じていらっしゃる方が多いからだと思います。

何と言っても、パックによる美容液の肌に染込む感覚は、他の化粧品では味わえないのではないでしょうか?
なので、お肌のお手入れに、パックは欠かせないと感じる方は、多いですね。
もちろん、美白のためのスキンケアにもパックは欠かせません。

一口にパックと言いますが、パックには大きく分けて3つのタイプがあります。

まず、パックを塗ってしばらくおいて洗い流すタイプ。
そして、パックを塗ってしばらく放置しておいて、パックが乾いたら剥がすピールオフタイプ。
最後に、シート状のものを肌に貼り付けておいてから、しばらくしてから剥がすシートマスクタイプ。
以上の3つのタイプです。

美白人気と言うのはとても高くて、実は、これらのパックにも美白用と言うものがあり、上記3タイプそれぞれに美白用があるのですから、驚きですね。

これらの中でも、美白効果が高いだろうと思われるのは、やはり最後のシートマスクタイプだと思います。

このタイプの美白パックの効果なのですが、美白美容液を含んだシートを肌に貼り付けると言う感じなので、肌に潤いをじっくりと補給することができ、なおかつ美白成分が肌に浸透されて行き、一番効果がありそうな感じです。

シートが乾いてしまった後は、剥がせば良いだけなので、使い方も簡単。
毎日は面倒でなので、週に何度かはスペシャルケアとして美白パックを行ないたいものですね。

美白の肌を考えた場合、美白パックは時々でも構わないと思いますが、基本のスキンケアだけに関しては、美白効果のある化粧品を使うようにして、毎日きちんと続けることが大切になります。

一口に、美白化粧品と言いましても、かなりの種類の商品がありますので、自分にあったものを、試供品などで試しながら選ぶようにしたら良いですね。

説明書きをよく読んでから、正しく使うようにしたほうが良いでしょう。
大切なことは、昼間の紫外線対策をしかり行ない、食事のバランスや睡眠リズムを整え、新陳代謝をスムーズにすることが美白への近道とも言えます。

やるべきことをきっちり押さえること、そしてお肌に合った美白パックをする、これで美しい素肌を手に入れることができるでしょう。

美肌パックのシートマスクタイプを使ったことがある人なら分かると思いますが、他の方式のパックと違って、美肌美容液が肌にじわっと浸透してくるのがわかり、肌が潤うのを実感できます。
一度味わったら病み付きになるのではないでしょうか?
美肌パックのシートマスクタイプはオススメです。

美白 化粧品

美白化粧品が人気上昇しています

美白化粧品って、使ってみたけどとても感じが良いみたい。
モデルさんでは無いけど、シミもソバカスもなく、透き通るような肌にあこがれて使い出したのだけどね、、、。
小麦色に焼けた肌に一点のシミも無いなんてほんと素敵だと思いませんか?

ここのところ、美白が話題になり始めてからどこのドラッグストアーでも様々な美白のための化粧品が出回るようになったのよね。
中でも美白クリームが非常に人気があり、よく売れているみたいです。

美白クリームは、使いたい人、使いたくない人がはっきりしているようです。

使いたい人としては、クリームが持つ保湿効果に大きな期待を寄せる方が多いようです。
使いたくない人としては、クリーム独特のべたべたする感じが苦手だと言う方が多いようです。

一昔前のクリーム状の化粧品といったら、かなりベタベタしていたから、べたつきが嫌われていた感じだったと思います。
最近のクリームは、肌につけた時はさすがに少しべとつくようだけど、すぐに肌に馴染むものが多いですし、かなり高級なものだと付けた瞬間、さらっとしていて気持ちのよいものなどが販売されていて、クリームの化粧品も悪くは無いです。

べとつきが気になる時は、お店においてある試供品を試してみると良いですね。
実際に手に付けて見て、どんな感じであるか確かめてから購入するとかして、上手に利用されると良いと思います。

美白のためのクリームの働きと言うのは、スキンケアの際に主に化粧水で肌に水分補給をして整えた後、肌の表面に保護膜をつくるんですよね。
そして、化粧水で与えた肌のうるおいが逃げてしまわないようにしてくれる役割を果たしているんです。

美白のために普段からお肌のケアをしている人の中にも、「化粧水は使うけれど美白クリームは使っていない」という人もいらっしゃるかもしれませんね。
もし美白用のクリームを使うなら、時間帯や効果を意識しながら美白用のクリームを、毎日のスキンケアの仕上げに取り入れた方が効果があると思います。

特に、1日の始まりの朝は、紫外線を防ぐ効果の高いクリームを使うことをオススメします。
朝から夕方まで、長時間にわたって紫外線にさらされることになるので、朝の紫外線対策用に、美白用のクリームが効果を発揮すると思います。

朝のスキンケアの後の美白クリームの中には、化粧下地として使えるものもありますから、とても便利だと思います。

また、夜の寝る前のスキンケアでは、1日中働いて紫外線を受けたお肌のダメージを和らげて、休ませる必要がありますね。
自分の肌の状態や肌質に合っている美白クリームを選んで使ってみると良いでしょう。

美白クリームでも、朝と夜とでうまく使い分けると、美白に効果があるようです。
美白の肌にとって一番の大敵が、紫外線なので、朝は紫外線対策をメインにして、夜は紫外線でダメージを受けた肌を回復することをメインにしたような使い分けが大切ですね。

<<前の10件  1 2 3 4  次の10件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。